2016年9月のブログのまとめ

おはようございます。最近朝や夜は随分と肌寒くなってきました。それもそのはず。カレンダーを見てびっくりしました。もう10月に入ってしまったのですね。時間が流れるのが年々早くなっています。。。

さて、9/10にブログを再開して、9月中に5本エントリを書きました。技術的なことでもなく、書評でもない、徒然とした記事でしたが、それだけでもいくつか思うことがありますので、今後のために少しまとめて見たいと思います。

0より0.1

何事も辞めてしまうよりは、ほんの少しでも継続することに価値があると思いました。

ちょっとした充実感

ブログを書き終わった後は、駄菓子の当たりが出たような、ちょっとした充実感を得られることができました。

頭が少しすっきりする

何かを頭の中でまとめて、実際に文字に起こすということは、頭の中を整理する働きがあるとよく言われていますね。実際にブログを書き終わった後は、資料でごちゃごちゃしていた机の一角を片付けたような気持ちになれました。

程よい分量がわかってきた

所要時間を毎回最後に書いておくことで、どれぐらいの分量だと無理なく続けられるか、ということがわかってきました。私の場合、20分程度であれば、あまり気持ちが重くならずに書くことができます。 また、書き終わったものを再度読むときも、20分ぐらいかけて書いたものぐらいが読む分量として丁度良いと思いました。1時間ぐらいかけて書いた記事はとても長く感じますね。

まとめ

9月中に5本書いただけでも色々と発見がありました。10月の目標は以下の通りとします。

  • 月8本を目指す。
  • 書評や技術的な内容など、私的な内容以外の記事を書く。

楽しみのために続けていきたいので、無理せずやっていこうと思います。それでは良い日曜日を=)

(所要時間:20分)